[PR]

 東京都青梅市成木4丁目の無職小川和男さん(67)が自宅で殺害された事件で、「泥棒に入られた」と通報した直後に襲われていたことが警視庁への取材でわかった。頭頂部を鈍器のようなもので強く殴られ、失血死したとみられ、頭の骨が砕けていたという。生前、大金を持っていると周囲に話していたといい、同庁は裏付けを進めるとともに事件との関連を調べている。

 青梅署捜査本部によると、小川さんは14日午前1時55分ごろに110番通報し、「泥棒」の特徴を中年の小太りの男で、白色の帽子とマスク、青色のジャンパー姿と説明。駆けつけた署員が午前2時10分ごろ、玄関そばのダイニングキッチンで頭から血を流して倒れているのを発見した。玄関ドア脇のガラス部分が割られていたという。

 小川さんは同居の母親が亡くなり、約10年前から一人暮らし。事件当時は別の部屋で就寝中だったとみられ、物音で目を覚ましたという。

 知人の60代男性は数年前の地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら