[PR]

 2020年東京五輪の聖火リレーの詳細なルートが17日、公表された。都内では7月10~24日の15日間で、銀座や浅草寺などの名所や、前回1964年大会ゆかりの場所を走り継ぐ。

 都内での走行距離は約240キロ。起点は、前回大会で会場となった駒沢オリンピック公園(世田谷区)だ。その後、聖火は西に向かい、多摩地域や島しょ部を8日間めぐる。主な見どころは、新選組の土方歳三ゆかりの日野宿本陣(日野市)や、「日本の滝百選」の払沢(ほっさわ)の滝(檜原村)、ハンセン病の国立療養所多磨全生園(東村山市)、深大寺(調布市)など。

 18日に再び23区内に戻り、東京スカイツリー近くの下町や両国国技館、皇居周辺、銀座などを通る。23日には、64年にも聖火リレーが通った青山通り(港区)を走行。渋谷区では渋谷駅前のスクランブル交差点のほか、前回、オランダ代表の宿舎として使われた建物が残る代々木公園内も走る。最終日の24日は、新宿区。高層ビル街などを巡り、都庁舎でゴールする。(丸山ひかり)

■平和再認識 商店街で応援 ア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら