[PR]

 フェンシングの高円宮杯ワールドカップ(W杯)最終日は15日、千葉・幕張メッセで男子フルーレの団体戦があり、日本(松山恭助、敷根崇裕、西藤俊哉、鈴村健太)は初戦でエジプトを45―41で破って準々決勝に進んだが、フランスに29―45で敗れた。その後の5~8位決定戦で、日本は東京五輪の団体戦の出場権を争う香港に39―45、中国に42―45で連敗し、8位に終わった。日本を破ったフランスが優勝した。

「最低でも表彰台」が…

 東京五輪のテスト大会を兼ねた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも