[PR]

 アメリカンフットボールの大学日本一を決める第74回甲子園ボウル(全日本大学選手権決勝)が15日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、西日本代表の関学大(関西2位)が東日本代表の早大(関東)を38―28で下し、2年連続30度目の優勝を飾った。

 関学大は1点を追って第4クオーター(Q)を迎えた。劣勢にも、関学大WR阿部拓(4年)は「おもろなってきたな」と仲間に言ったという。攻撃リーダーのOL村田(4年)も「守るな。攻め気でやろ」。4年生の鼓舞で奮い立ったチームは、終盤に逆転TDラン。そしてFGで突き放した。

 関学大を28年間率いてきた鳥内監督が今季限りで退任する。選手には「負けさせるわけにはいかない」という重圧はあったが、守備リーダーのLB大竹(4年)は「正直、監督のために、ということを考える余裕もなかった。関学の4年としてどうするのか。それが一番でした」と明かす。

 練習では監督に「甘い。本気ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら