[PR]

 世界で活躍する科学者や技術者をめざす高校生・高等専門学校生が研究成果を競うコンテスト「第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」(朝日新聞社、テレビ朝日主催)の審査会と表彰式が15日、東京都江東区の日本科学未来館であった。文部科学大臣賞には「オカダンゴムシのフンに常在するブレビバクテリウム属菌による揮発性抗カビ効果」をテーマにした島根県立出雲高の片岡柾人(まさひと)さんが選ばれた。

 科学技術政策担当大臣賞は橋本晃志(こうし)さん(大阪府立大手前高定時制)、科学技術振興機構賞は長島大来(たいら)さん(千葉・渋谷教育学園幕張高)、特別協賛社賞の花王賞は石川悠さん、横山佳観(よしみ)さん(福島県立福島高)が受賞。協賛社賞ではJFEスチール賞に小川福史さん、三室裕暉(ゆうき)さん、相原聖玲星(せれな)さん(静岡理工科大静岡北高)、栗田工業賞に前田彩花さん(岡山・ノートルダム清心学園清心女子高)が、朝日新聞社賞は浜崎莉未(りみ)さん、森凪沙さん、水口喬太さん(長崎県立諫早農業高)が選ばれた。

 今年は、全国から267件の応募があった。