[PR]

 奈良県橿原(かしはら)市の集合住宅の火災の焼け跡から同県桜井市の山岡直樹さん(28)の遺体が見つかった放火・殺人事件で、事件の直前に山岡さんを切りつけるなどしたとして、県警は15日、出火元の部屋に住んでいた住所不定、会社員竹株脩容疑者(20)を傷害容疑で逮捕し、発表した。竹株容疑者は同日午前6時40分ごろ、橿原署に出頭したという。県警は認否を明らかにしていない。

 捜査1課によると、竹株容疑者は11月24日午後10時半~11時ごろ、山岡さんの自宅近くの桜井市河西の路上で、山岡さんの体を刃物のようなもので切りつけるなどし、出血を伴うけがを負わせた疑いがある。

 県警によると、この傷害事件後の25日午前4時20分ごろ、南西に約5キロ離れた集合住宅の竹株容疑者が住んでいた部屋が放火されて全焼し、この部屋で山岡さんの遺体が見つかった。司法解剖の結果、山岡さんの首には刺し傷があり、死因は焼死だった。集合住宅の駐車場にあった竹株容疑者の軽ワゴン車の車内や後部バンパーなどに血痕があり、一部は山岡さんのDNA型と一致した。車内には血がついていない状態の包丁があったという。

 出火後、竹株容疑者と連絡が取れなくなり、県警が行方を捜していた。火災前日の24日朝、竹株容疑者の銀行口座から現金二十数万円が橿原市内のATMで2回に分けて引き出されていた。また、出火後の11月下旬には、山岡さんの運転免許証で福岡市内のインターネットカフェの会員登録をした人物がいることが県警の捜査で判明しており、県警は竹株容疑者から詳しく事情を聴く方針。