[PR]

(3日、箱根駅伝)

 第1回大会の王者・東京高等師範学校の流れをくむ筑波大が26年ぶりに箱根路に帰ってきた。箱根駅伝の復路9区で最後方21番目、繰り上げスタートぎりぎりでたすきを受けた川瀬宙夢(ひろむ)は、医学群で学ぶ5年生だ。箱根とドクターの二つへの道を全力で走ってきた。

 「箱根駅伝に出ることと医師になることが夢だった。どちらも譲れない。両方を目指せるのが筑波大だった」。中学時代にやっていたサッカーでけがをした時に治療してくれた医師に、あこがれた。

 愛知・刈谷高から1浪の末に入学。実習や研究などで忙しいなか、チームと一緒に練習ができない時は日の出前の早朝に1人で練習した。箱根の予選会前日に採血されたり、記録会の前日に7時間のテストを受けたりすることもあったが、「さすがにパフォーマンスは落ちたけどあきらめずに走った」と振り返る。

 一方で医学生ならではの知識を競技に生かすことも。「大学の実習で、筋肉はこうなっているのか、と学べている。MRIよりイメージができた」。中高時代に多かったけがは医学を深めることで激減。チームメートにも助言し、相談役も買って出る。

 自身4回目となった10月の箱…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも