[PR]

 知人男性の胸を刺して殺害したとして、青森県警八戸署は15日、青森県八戸市南類家のとび職米倉彪真(ひゅうま)容疑者(24)を殺人容疑で逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 発表によると、米倉容疑者は15日午前1時20分ごろ、飲食店が入る八戸市六日町のビル内で板金工の小清水源さん(25)=同市長苗代=の胸をナイフで1回刺し、殺害した疑いがある。2人は知り合いで、事件直前までビル内の飲食店で別の知人7人と一緒に食事をしていたという。

 飲食店従業員から119番通報があり、救急隊員がビルの通路で血を流して倒れている小清水さんを発見した。現場近くからは、犯行に使われたとみられる折りたたみ式ナイフが見つかった。自宅に戻っていた米倉容疑者に県警の捜査員が事情を聴き、緊急逮捕したという。(河野光汰、横山蔵利)