[PR]

 米政府が今秋、在米中国大使館員2人を米軍基地に侵入したというスパイ容疑で、国外追放していたことがわかった。米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が15日、複数の関係筋の話として伝えた。米政府は今回の事件について公表していないが、スパイ容疑での中国大使館員の国外追放は1987年以来という。

 同紙によれば、中国大使館員2人は9月下旬、自分たちの妻とともに車で、バージニア州ノーフォーク近くの海軍特殊部隊SEALSのエリート部隊「チーム6」の本部などが入る米軍基地のゲートのチェックポイントから入った。警備員が立ち入り許可を得ていない車であることに気づき、Uターンしてゲートから出るように指示したが、そのまま基地内へと走り続け、最終的に消防車が行く手を遮り、車は停止した。大使館員らは「警備員の英語による指示を理解せず、道に迷った」と話したという。

 米政府当局者によると、中国大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら