[PR]

 15日に最終回を迎えたNHK大河ドラマ「いだてん」の全47話の平均視聴率は関東地区で8・2%だった(ビデオリサーチ調べ)。これまで大河ドラマ史上最低だった「平清盛」(2012年)と「花燃ゆ」(15年)の12・0%を下回り、過去最低となった。

 他の地域は、関西地区で7・1%、名古屋地区で7・9%、北部九州地区で8・0%だった。

 最終回の視聴率は、関東地区で8・3%、関西地区で7・0%、名古屋地区で7・1%、北部九州地区で7・8%だった。

 いだてんは明治~昭和に、オリンピックに懸けた人たちを描いたドラマ。日本人として初めて五輪に出場したマラソンランナー・金栗四三(中村勘九郎さん)と、1964年の東京五輪招致に尽力した水泳指導者・田畑政治(阿部サダヲさん)の2人が主人公だった。

 NHKの訓覇(くるべ)圭・制作統括は、「道中、さまざまな困難はありました」としつつ、「視聴者の皆さまからいただいた絶大な応援のおかげで、ぶれることなく『いだてん』の世界を守り通すことができました」などとするコメントを発表した。