[PR]

 東北6県にまつわる、インターネットやSNSで話題になった言葉を選ぶ今年の「勝手に!東北流行語大賞」に、「表参道がむしろ仙台」が選ばれた。

 東北の情報を発信する「TOHOKU360」が主催。約2週間ウェブで候補15語の決選投票を行い、16日に結果を発表した。

 「表参道がむしろ仙台」は、宮城県出身のタレント八乙女光さんがテレビ番組内でした発言。仙台市の中心部で開催中の「光のページェント」など、ケヤキ並木がイルミネーションに彩られる仙台の街並みが「ほぼ冬の表参道だ」と主張したという。1万票近い投票数の4割以上の票を集めた。

 次点はタピオカ飲料が仙台で進化を遂げた「タピオカずんだシェイク」、3位は震災を乗り越え熱狂に包まれた「ラグビーW杯釜石」だった。(大宮慎次朗)

東北流行語大賞の上位5語

①表参道がむしろ仙台

②タピオカずんだシェイク

③ラグビーW杯釜石

④ケヤッキー

⑤カニマンボ