[PR]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルに所属するメスト・エジル選手が、SNSで中国政府のウイグル政策を批判し、中国で波紋を呼んでいる。中国国営テレビは16日未明に予定していたアーセナル戦の放送を取りやめた。

 中国メディアなどによるとエジル選手は13日、SNSで新疆ウイグル自治区について「イスラム学者が一人一人殺されている」「姉妹たちが中国の男性との結婚を迫られている」などとトルコ語で投稿した。

 これに対し、中国側が反発。中国サッカー協会は、中国メディアの取材に「彼の言動は中国人民の感情を傷つけるもので、受け入れられない」と表明した。中国のSNS「微博」には「エジルを解雇しろ」などの意見が投稿されている。

 中国外務省の耿爽副報道局長も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら