[PR]

 「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービス社長の大東隆行(おおひがしたかゆき)さん(当時72)が射殺された事件から19日で6年。現場となった京都市山科区の本社前に早朝から多くの人が訪れ、花を手向けた。近くのJR山科駅周辺では、遺族らが情報提供を呼びかけた。

 2013年12月19日早朝、マイカーで出勤した大東さんが駐車場で、車を降りた直後、拳銃で4発撃たれて殺害された。

 本社前の駐車場では、京都府警の小栗宏之刑事部長ら捜査幹部が黙禱(もくとう)を捧げ、献花した。JR山科駅周辺では、大東さんの長男剛志(つよし)さん(45)や、同社の渡辺直人社長らが通行人に、捜査本部の連絡先を記したティッシュを配った。渡辺社長は「あっという間に過ぎた6年だった。事件以降、多くの人に励まされ、支えられ、前社長の遺志を継いでこの日を迎えた。ぜひ、事件を解決してほしい」と話した。

 剛志さんは府警を通じて「誰よりも早く出勤し、寒空の下凶弾に倒れ込む刹那(せつな)、父の無念はいかばかりであったろうと思います。事件を風化させることなく、一日も早い解決を願い、警察と協力して情報提供を呼びかけて参りたい」とのコメントを出した。

 府警は今年11月末までに延べ約19万9千人の捜査員を投入し、現在も91人態勢で捜査を続けている。情報提供は府警捜査本部(0120・08・9110)へ。(川村貴大)