[PR]

 「ゴルビー」の愛称で親しまれたミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領(88)が今月、モスクワで朝日新聞記者と単独会見した。米ソ冷戦のさなか、夢想とも思われた核軍縮を実現し、冷戦終結をも導いた人物だ。核のたがが外れ、協調や相互協力を忘れたような力の政治が覆う世界を、彼はどう見ているのか。

 以下は一問一答。

核戦争に勝者はありえない

拡大する写真・図版インタビューに答えるゴルバチョフさん=モスクワ、飯塚悟撮影

 ――自ら手がけた中距離核戦力(INF)全廃条約は核削減への第一歩でした。この条約の失効をどう思いますか。

 「条約の理念を思い起こしてほしい。ジュネーブでの最初の米ソ首脳会談(1985年)の共同声明に反映されています。『核戦争は許されない、そこに勝者はありえない』と。核兵器から解放される。これは今も私の祈りです」

トランプ大統領をどう思うか? 記事後半ではゴルバチョフ氏のインタビュー動画をご覧いただけます。

 「この条約に続いて米ソ両国は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら