[PR]

 日本の対韓輸出規制強化をめぐり、日韓の輸出管理に関する局長級協議「政策対話」が16日、約3年半ぶりに開かれた。7月の規制強化後では初めて。終了後に取材に応じた梶山弘志経済産業相は政策対話を今後も継続し、次回は近くソウルで開くことで合意したと明らかにした上で、「(議論が)前進したかは今の時点では申し上げられない。対話ができたのはひとつ進展だと思う」と述べた。

 協議は東京都内であり、日本側から経産省の飯田陽一貿易管理部長、韓国側から産業通商資源省の李浩鉉(イホヒョン)貿易政策官らが出席した。午前10時に始まり、午後5時に終わる予定だったが午後8時すぎまで続いた。

 韓国側は協議終了後、「両国の輸出管理制度の運用について専門的な観点から理解を深めることができた」とした上で、今後は懸案の解決に寄与する輸出管理政策対話と意思疎通の継続で合意したなどとする文書を公表した。

 今回の協議は、今月下旬の開催で調整されている日韓首脳会談に向け、悪化した両国関係の改善につながる結果が得られるかが注目されていた。

 経産省は協議前、今回の議題は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら