[PR]

 SMBC日興証券は、来春から一定の年齢以上の社員を対象に、「週休3~4日制」を導入する。大手金融機関では異例だ。親などの介護と仕事の両立や、退職後の生活を見据えた社外での活動を支援する。あわせて副業も解禁する予定で、休み中の副業を通して新しい技能の習得を後押しするねらいもある。

 清水喜彦社長が朝日新聞のインタビューで明らかにした。週休3日は30歳以上が対象で、給料は通常勤務の8割、週休4日は40歳以上で給料は6割とする。部や課を統括する管理職は対象外。基本的に期限は設けず、制度を利用する理由も問わないが、年齢によっては介護や育児などに限定することもある。

 同社には時短勤務制度もあるが、清水社長は「介護は時短では無理。介護退職は、会社にとっても本人にとっても損失だ」と説明した。地方で暮らす親の介護で、退職を余儀なくされる社員がいることを以前から気にかけていたという。

 一方、副業を認める対象は、入社4年目以降で、他社に雇用されない、個人事業主のような働き方に限る。講演や執筆活動、家庭教師などを想定している。副業のために週休3日制を活用することもできる。

 こうした取り組みについて、同…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら