栃木)真っ白いホッキョクオオカミ 国内唯一の展示

有料記事

池田敏行
[PR]

 世界的に希少な真っ白い「ホッキョクオオカミ」の雌雄2頭が来春、栃木県那須町の那須どうぶつ王国にやってくる。国内で唯一の飼育、展示になる。自然に近い環境で飼育し、繁殖にも取り組むという。

 佐藤哲也園長が16日に会見した。3月20日のオープンに向けて工事が進む北アメリカに生息する動物たちを展示する「北アメリカゾーン」の目玉だ。海外の動物園で生まれた1歳の雄と雌1頭ずつという。

 ホッキョクオオカミは絶滅危惧種で、グリーンランドやカナダ北部に生息する。成長すると、体長45~80センチ、体重45~80キロとなる。佐藤園長は「かつては国内でも飼育例があったが、現在は展示施設はない」としている。

 ホッキョクオオカミの野外展…

この記事は有料記事です。残り184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。