[PR]

 単独会見の場所は、モスクワ市内にあるゴルバチョフ財団の建物の一室だった。ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領(88)は、歩行器とともに姿を見せた。お土産には、広島の原爆ドーム前でライサ夫人(故人)と納まった写真を額装して持参した。彼はいろいろな過去の出来事を振り返った。

 ――これは、大統領辞任の翌年、1992年4月17日に撮影された広島での写真です。

日本にとって必要なことは? 記事後半ではゴルバチョフ氏のインタビュー動画をご覧いただけます。

 「私はそこにいました。とても…

この記事は有料会員記事です。残り1357文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1357文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1357文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら