[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は16日、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官と北京で会談した。習氏は「香港警察の厳正な法執行を堅く支持する」と述べ、デモの早期収束に向けた強硬路線の維持を明確にし、民主派の要求には応じない姿勢を示唆した。国営新華社通信が伝えた。

 林鄭氏は年末恒例の情勢報告のため、北京を訪れた。習氏は会談で、今年について「香港が祖国に返還後、最も厳しく複雑な一年だった」と総括した。そのうえで林鄭氏に「香港が非常時に勇気と責任感を見せており、中央政府は十分に評価する」と語り、くすぶる更迭説を打ち消した。

 また、「外部勢力による香港事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら