[PR]

 宝塚歌劇団・星組の「龍の宮物語」が9日まで上演され、主演の男役スター瀬央(せお)ゆりあを中心とした星組生が幽玄の世界を作り上げた。演出家・指田珠子の宝塚バウホール(兵庫県宝塚市)デビュー作。

 明治中期、書生の清彦(瀬央)は夜叉ケ池(やしゃがいけ)という池の近くで、龍神の姫(有沙瞳(ありさひとみ))と出会い、池の奥底の「龍の宮」に連れ去られる。妖しい美しさに次第に心を奪われ、姫の悲しい過去を知ることとなる……。

 主演の瀬央は、持ち前の目力を…

この記事は有料会員記事です。残り288文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。