[PR]

 知人女性に無理やりわいせつな行為をしたとして、警視庁は、立憲民主党の初鹿明博衆院議員(50)=比例東京ブロック=を強制わいせつの疑いで書類送検した。10日の送検時に付けた意見は明らかにしていないが、起訴を求めるものではないという。初鹿氏は容疑を否認している。同庁への取材でわかった。

 葛西署によると、初鹿氏は2015年5月の深夜、東京都内を走行中のタクシー車内で、知人女性にキスをしたり、顔を自分の下半身に押しつけたりした疑いが持たれている。調べに対し、「合意のうえだった」との趣旨の説明をしているという。同じ懇親会に出席し、女性を送り届ける途中だったといい、女性が今年に入って告訴していた。