[PR]

取材考記

 就活情報サイト「リクナビ」が提供していた「内定辞退率」の予測をめぐって、運営するリクルートキャリアだけでなく、契約企業にまで行政処分が広がった。個人情報の利用目的を就活生に適切に通知しなかったとして、トヨタ自動車など37社が個人情報保護委員会に指導されたのだ。プライバシー軽視の背景に何があったのか。

 ひとつには、人工知能(AI)などのテクノロジーの進化で、企業が自社に眠っている膨大な人事データの利活用を探り始めていることがある。採用時はもちろん、社員になってからの離職分析や、どれだけ活躍できるかの予測などその範囲は広がっている。

 プライバシー侵害につながるとの指摘は専門家から出ていたが、じつは企業側にも認識はあった。

■プロファイリングめぐ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら