冬の恒例行事となっている皇族方の外交団鴨場(かもば)接待が17日、千葉県市川市の宮内庁新浜鴨場であり、秋篠宮家の長女眞子さま、次女佳子さまが接待役を務めた。姉妹そろっての接待役は初めてで、英国、ベルギー、オランダなど17カ国の大使夫妻らをもてなした。鴨場接待は眞子さまは6回目、佳子さまは初めて。

 お二人は大使夫妻らとともに、竹ざおの先に網を張った道具を使った伝統のカモ猟を行い、208羽を捕獲。足に飛来調査用の標識を着けて全て放した。そっと置くように放したカモが勢いよく飛び立つと、眞子さまは「おおっ」と声をあげた。佳子さまも目を丸くして行方を見つめた。(斎藤智子)