学生アスリートは一般学生と接点薄い? 帝京大生が調査

有料会員記事

編集委員・中小路徹
[PR]

 大学が力を入れて強化する運動部所属の学生と一般学生との間には、隔たりや壁がある――。帝京大の一般学生が、学内で行ったアンケートからそんな現状について問題提起している。かねて学業軽視などが指摘されてきた運動部学生。その在り方について一石を投じる形だ。

 アンケートを実施したのは、帝京大経済学部3年の会沢修吾さん(21)。6日、大学の研究者や学生らでつくる「大学スポーツ研究会」で発表した。

 帝京大には28の運動部があ…

この記事は有料会員記事です。残り668文字有料会員になると続きをお読みいただけます。