台湾名物、ランタン飛ばしが抱える悩み 家を失った人も

有料会員記事

台北支局・西本秀
[PR]

 台湾を訪れる観光客に人気の空飛ぶランタン「天灯」。熱気球の原理で舞い上がり、空に輝く様子は幻想的で美しい。だが、飛んでいった先で、思わぬ被害をもたらす場合があることを知る人は多くはないだろう。

 台北市の中心街から山道を車で1時間。新北市平渓の十分地区に住む胡維銘さん(68)の自宅は、焼け焦げてすすだらけだ。

 胡さんは「この場所には居間があり、壁ぎわに神様をまつる棚を置いていた。こちらは寝室。すべて焼けてしまった……」と嘆く。

現場に残った骨組み

 火災が発生したのは今年6月8日午後5時すぎだった。心臓の調子が悪い胡さんは、ちょうど家族と一緒に山を下り、市街地の病院に出かけていた。

 自宅はコンクリート造りの平屋で広さは100平方メートルほどある。屋上に落下した天灯の残り火が戸板など木造部分に燃え移り、階下の室内まで広がって全焼させた。

 現場には、針金でできた天灯…

この記事は有料会員記事です。残り1619文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら