拡大する写真・図版「The Insect Experience」のアメリカミズアブ入りのコロッケ(手前右)とガの幼虫入りのポレンタ(左)。味はまずまずで記者は完食した=10月28日、石原孝撮影

[PR]

 人口が急増するアフリカ大陸の食糧難を解消するのは、ひょっとしたら昆虫かもしれない。たんぱく質が豊富なガの幼虫やアブ、シロアリなどを、食用や飼料として活用する取り組みがアフリカ各地で続々と生まれている。国連も昆虫食の将来性に関心を寄せる。

 南アフリカ有数の観光都市ケープタウン。中心部から少し外れた場所に今年7月、昆虫食専門の料理店が期間限定でオープンした。地元のスタートアップ企業が開店し、店名は「The Insect Experience(昆虫体験)」。スペースは4畳ほどだが、カウンター越しに調理の様子が楽しめる。

 メニューは、トウモロコシとガの幼虫を混ぜ込んで揚げたポレンタや、アメリカミズアブのコロッケやアイス。一人でも多くの人に食べてもらおうと、虫を粉状にして「見た目」のハードルを下げているが、希望する客には揚げた幼虫などを載せた料理も提供する。

 料金は40~50ランド(約300~380円)。肝心の味はというと、苦みもなく、虫が入っていると言われなければ気づかないほどだ。記者はコロッケのほくほく感が特に気に入った。

拡大する写真・図版「The Insect Experience」のシェフ、マリオ・バーナードさん=10月28日、石原孝撮影

 シェフは地元のホテルなどで経験を積んだマリオ・バーナードさん(29)。旅行先のタイで昆虫食を体験した時は「味は平気だったが、バッタなどをそのまま調理した見た目が取っつきにくかった」という。それでも「昆虫食はたんぱく質が豊富。世界的に人口が増加する中で、私たちは肉食よりも環境に優しい昆虫食に移行する必要がある」と感じ、母国で挑戦することに決めた。

 記者が訪れたのは平日の昼時だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら