元農水次官の長男「父はすごい」 共感求める姿に両親は

有料会員記事

阿部峻介 有近隆史、新屋絵理
[PR]

 6月に東京都練馬区の自宅でひきこもり状態だった長男英一郎さん(当時44)を殺し、殺人罪に問われた元農林水産事務次官・熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判で、東京地裁は16日、懲役6年(求刑懲役8年)の実刑判決を言い渡した。執行猶予はつかなかった。

 殺された長男は発達障害の一つ、アスペルガー症候群の疑いと診断され、片付けなどが苦手な特性があった。熊沢被告が「ごみ捨てなんて基本的なこと」「迷惑かけないでくれ」などと責めた点について、証言に立った主治医から「症状に合わせた対応ができていない」との指摘もあった。子どもを思いやる立場からの見方もある。

 法廷では熊沢被告に妻や後輩らが同情する証言をした一方で、長男の思いを代弁する証人は現れなかった。妻は「アスペルガーに生んでしまって申し訳ない」、熊沢被告は就職の失敗について「もっと才能があれば」。哀れむような言葉はあっても、命を絶ったことへの謝罪はなかった。

ここから続き

 だが、検察官が明らかにした…

この記事は有料会員記事です。残り1261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。