[PR]

 1972年、西ドイツで開かれたミュンヘン五輪。重量挙げフライ級(52キロ以下)の斉藤久治郎さん(72)は、初の五輪を前に重圧を感じていた。代表選考会を兼ねた直前の全日本選手権では、競技の一つで当時の日本新記録も樹立。場数は十分に踏んでいたはずだった。

     ◇

 高校生の時に応援した東京五輪では、自宅のカラーテレビを近所の人と囲んだ。五輪はそのときから、憧れの舞台。だが6月の代表内定時にメダル圏内にいた自分の練習記録は、各国の選手が出そろう頃には7~9位にまで落ちていた。

 「もっと記録を伸ばさないとな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら