拡大する写真・図版三井住友フィナンシャルグループの企業で最年少の社長となった三嶋英城氏=2019年10月15日、千葉市美浜区の幕張メッセ

[PR]

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)が若手を登用し、新規事業を拡大している。金融業界では、金融とITを結びつけた「フィンテック」の技術革新が進み、現金を使わないキャッシュレスも拡大。決済サービスではIT大手が勢力を伸ばしている。旧来型の融資や窓口サービスでは先行きが見通せないとの危機感が、メガバンクを突き動かしているようだ。

37歳の新社長が誕生

 この秋、三井住友FGのグループ会社としては最年少の社長が誕生した。法律相談サイトを運営する弁護士ドットコムと立ち上げた新会社「SMBCクラウドサイン」。あらゆる契約手続きをデジタル化するサービスを提供する。

 社長に就いたのは、IT企業から三井住友銀行に移ってまだ1年半の三嶋英城氏、37歳。9月25日の記者会見で三嶋氏を紹介した三井住友FGの谷崎勝教・執行役専務は「旧来型の銀行のカルチャーからすると、こんなに若い人をグループ会社の社長に登用するのかというレベルだが、グループ全体が大きく変革していく象徴だと思っている」と紹介した。

拡大する写真・図版会社設立会見に臨むSMBCクラウドサイン社長の三嶋英城氏(中央)と三井住友フィナンシャルグループの谷崎勝教執行役専務(左)=2019年9月25日、東京・渋谷

 新会社は、オンライン上で契約を締結し、そのデータはネットを介して保管するクラウドサービスを使って管理する。契約手続きを迅速化し、コスト削減もしたいという企業のニーズを取り込む。将来は、契約履行の際の決済や、蓄積した契約データを使った市場予測などのサービスも視野に入れる。

 三井住友FGはここ数年、こうしたデジタル分野の新規事業を担う新会社を相次いで設立しており、SMBCクラウドサインは8社目。同社以外でも今年は、ITで業務量削減を支援する「SMBCバリュークリエーション」など4社を相次いで設立した。

厳しさ増す銀行経営

 新規事業や若手登用を進める背…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら