[PR]

 日本将棋連盟は17日、高校生棋士の藤井聡太七段(17)=愛知県瀬戸市在住=が東京五輪の聖火リレーの走者に決定した、と発表した。藤井七段が連盟を通じて出したコメントは以下の通り。

 今回、東京2020オリンピックの聖火リレーコースに瀬戸市が選ばれ、愛知県コースの出発地となる事につきましてとても喜ばしく思っております。

 瀬戸市で暮らしながらプロ棋士として対局を重ねる私にとって、地元の方々のご声援、ご支援はありがたく、大きな力となっております。

 今回、いつも応援してくださる地元の皆さまに笑顔が届けられるよう、聖火ランナーの一員として自分らしく精いっぱい走りたいと思っております。

 どうぞよろしくお願い致します。(佐藤圭司)