[PR]

 神奈川県内を走行中の東海道新幹線で昨年6月、乗客の男性を刃物で殺害し、女性2人にけがを負わせたとして、殺人などの罪に問われた住所不定、無職小島一朗被告(23)の裁判員裁判の判決公判が18日、横浜地裁小田原支部であった。佐脇有紀裁判長は、「あまりにも人の命を軽視し、動機は極めて自己中心的で身勝手である」として求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 判決が言い渡され、被告人席に戻るように告げられると、小島被告は立ち上がって「控訴はしません。万歳三唱します」と述べ、手を上げて3回万歳をした。

 小島被告はこれまでの公判で、1人で生きていくことが難しいと考えたとして、「一生刑務所に入りたかった。無期懲役になりたい」と話していた。「刑務所を出たらまた人を殺す」とも述べた。

 検察側は論告で「落ち度のない人を狙った計画的な無差別殺人で、暴力テロとも呼べるもの」と指摘。一方で被告の成育歴や祖母の電話の内容を曲解したという事件のきっかけを考慮すると、他者の言動に悪意があると思い込む被告の傾向が影響した可能性もあるとして死刑を避け、無期懲役を求刑した。

 弁護側も他の事件の量刑との公平性に配慮するよう求め、被告が法廷で偽悪的に振る舞っていて、長期の収監で反省も期待できるとしていた。

 判決によると、小島被告は昨年6月9日夜、新横浜―小田原駅間を走行中の東海道新幹線「のぞみ265号」(新大阪駅行き)で、両隣の女性2人を刃物で切りつけ、それぞれ全治1年、17日のけがを負わせた。さらに止めに入った兵庫県尼崎市の会社員梅田耕太郎さん(当時38)の首などを切りつけ殺害した。(山下寛久)