【動画】次期ロケット「H3」のフェアリング分離試験
[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は17日、2020年度の初打ち上げをめざす次期ロケットH3の先端カバー「フェアリング」の分離試験を行った。試験は無事終了した。

 フェアリングは、ロケット打ち上げ時に先端に搭載された人工衛星などを覆い、保護する役目がある。宇宙空間で左右二つに分かれ、その後、人工衛星が分離される。

 この日の試験は、フェアリングの開発を担当した川崎重工業の播磨工場(兵庫県播磨町)で行われた。フェアリングは大型の人工衛星を打ち上げる際に使われるロング形態で、高さ16・4メートル、下部の直径5・2メートル。計画通り左右二つのパーツに分かれて倒れた。ほかに小型衛星に対応した高さ10・4メートルのショート形態もあるという。

 JAXAの岡田匡史プロジェクトマネージャは「試験は順調にいったようなので、まずは一安心。H3ロケット開発は8合目にさしかかってきた。これから開発は急な坂道を上っていく。システムとして統合して、最後の打ち上げの日を迎えたい」と話した。(杉浦奈実)