[PR]

 大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人が殺害された事件で、自ら控訴を取り下げて一審・大阪地裁の死刑判決が確定した山田浩二死刑囚(49)について、大阪高裁の村山浩昭裁判長は17日、取り下げを無効として控訴審を再開する決定をした。控訴の取り下げを無効とする決定は極めて異例。

 決定によると、山田死刑囚は昨年12月の一審・大阪地裁で死刑判決を言い渡された後、判決を不服として控訴。だが今年5月に控訴を取り下げ、一審判決が確定した。その後、山田死刑囚の弁護人が取り下げは精神障害などの影響で無効だとする申入書を高裁に提出していた。

 決定は、死刑囚が控訴を取り下げた経緯について、拘置所内で貸し出されたボールペンを時間内に返却しなかったことを刑務官にとがめられて口論になった末、懲罰になると困ると考えて自暴自棄になったと指摘した。

 そのうえで、こうした軽率な態度が直ちに精神障害の影響だったとみるのは困難だとする一方、死刑判決が命を奪う究極の刑罰であることを踏まえ、「死刑判決に対する不服に耳を貸さずに、ただちに確定させてしまうことは強い違和感と深いちゅうちょを覚える」などとして、取り下げを無効と結論づけた。

 大阪高検の畝本毅次席検事は「予想外の決定。上級庁と協議して、適切に対応する」とコメントした。

 裁判員裁判で審理された一審判決によると、山田死刑囚は2015年8月13日夜、大阪府またはその周辺で、中学1年の平田奈津美さん(当時13)の首を手か鈍器で圧迫し、平田さんの同級生の星野凌斗さん(同12)を首を何らかの方法で圧迫して窒息死させた。山田死刑囚側は一審で「星野さんは体調不良で亡くなった」「手で平田さんの口をふさいだら首を誤って押さえてしまった」などと主張。「発達障害の影響で心神耗弱状態だった」とも訴えていた。(遠藤隆史