拡大する写真・図版 リニア中央新幹線工事のため移された称名寺の鐘楼門。背後に名古屋駅前の高層ビルがそびえる=2019年12月18日、名古屋市中村区名駅3丁目、戸村登撮影

[PR]

 忘年会に向かう人々でにぎわう名古屋駅東側。よく見ると、ビルの解体工事があちこちで始まっている。現場の看板には「東海旅客鉄道株式会社」。看板をたどると、地下約30メートルにできるリニア中央新幹線名古屋駅の輪郭が見えてくる。リニア着工から12月で5年が経った。名古屋の新駅工事に必要な用地取得の契約は12月上旬現在、名古屋駅の東側で7割、西側で8割を超えたという。

 地上34階建ての大名古屋ビルヂングから60メートルほどのところに、真宗大谷派の称名寺が静かにたたずんでいる。リニア工事の影響で今年、玄関口でもある鐘楼門が90度回転し、少しだけ本堂側に移動した。

 大正時代から続く除夜の鐘を今年は中止にした。関連の工事が終わっておらず、来訪者の足元の安全が確保できないためだ。住職の杉浦道雄さん(44)は「鳴らさないと年が越せない、という人もいるので申し訳ない気持ちですね」。

 寺の歴史は江戸時代にさかのぼる。明治期に刈谷市から名古屋市内に移転、大正期に今の場所に本堂と鐘楼門が建った。名古屋大空襲では敷地に焼夷(しょうい)弾が落ちたが、不発弾で焼失を免れた。

 「寺が一つ、神社が一つ引っかかるらしい」

 リニア工事をめぐって杉浦さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら