池江璃花子選手、夏ごろ幻の退院計画 体調悪化で白紙に

有料記事

清水寿之
[PR]

 白血病の療養中だった競泳女子の池江璃花子ルネサンス)が、一つの山を乗り越えた。17日、退院したことを自身のツイッターなどで明らかにした。マネジメント会社によると、退院は今月上旬で、経過観察を経て、再入院の必要はないと診断されたことから発表となった。

 2月に体調を崩し、急性リンパ性白血病と診断されてから約10カ月。池江は「ネガティブ思考になる時もありました」と振り返った。

 当初は化学療法がうまくいき…

この記事は有料記事です。残り573文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!