【動画】 「3Dドリブル」を披露する女子ホッケーの清水美並選手=遠藤啓生、諫山卓弥撮影
[PR]

技―WAZA―

 平面だけではなく、空間で球を操る。

 それが、ホッケーの「3Dドリブル」だ。

 日本女子代表「さくらジャパン」で、この技の一番の使い手であるFW清水美並(26)が、そのメリットを語る。「最短距離でシュートまで持っていける」

 長さ100センチほどのスティックでプレーするホッケー。コンパスで円を描くように腕を伸ばし、スティックの届く距離が、その選手の守備範囲となる。球を地面に転がす普通のドリブルだと、その範囲から逃げるように進むことになる。

 3Dドリブルは違う。球を空中に浮かせ、行く手を阻むスティックの上を越えて相手の脇をすり抜けられる。2020年東京五輪に向け、清水はこう考える。「外国の選手はリーチが長い。平面で抜こうとすると、すごく大回りしなければならない。3Dドリブルなら、相手の守備範囲内を最短距離で抜いていける」

 なぜ、最短距離にこだわるのか。ホッケーの得点は、ゴールから半径14・63メートルのサークルの中からシュートした場合しか認められない。守備を固められる前に速攻を仕掛け、1秒でも早くサークルに入れるかが攻防を分ける。そのために3Dドリブルはもってこいの技術なのだ。

 東海学院大時代から速さと技術…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら