[PR]

 駄菓子が高級料理に? スナック菓子「ベビースターラーメン」を使った料理が、「大阪の迎賓館」とよばれるリーガロイヤルホテル(大阪市北区)のレストラン「オールデイダイニング リモネ」で提供されている。

 2月2日までの三重県フェアの一環。館内のほかのレストランが伊勢エビや松阪牛を使用する中、ベビースターの観光施設が昨年7月に津市にできたことを受けて、ベビースターの料理にも挑戦した。フレンチのシェフがメンチカツ、ポットパイ、クロックムッシュの3種類を考えた。

 トーストサンドの一種・クロックムッシュは通常パンにハムとチーズを挟むが、今回は丸く固めた伊勢エビ味のベビースターとエビを挟んだ。ベビースターがタルトの生地のような食感になり、スナック菓子とは思えない。

 平通利彦シェフは「塩気とうまみが強くて白ワインに合う。特別な日のおつまみとしていかが」。(森岡みづほ)