[PR]

 癒やしと医療情報をお届けします――。愛知県豊明市の藤田医科大学病院は18日、入院患者向けのホスピタルラジオ局「フジタイム」を開局し、放送を始めた。患者はスマートフォンでQRコードを読み込むだけで24時間、いつでも放送を楽しむことができる。厚生労働省によると、病院内ラジオ局の開設は全国初めてという。

 同病院の病床数は日本一の1435床。入院患者の不安や本音をラジオに投稿してもらうことで、共感の輪が広がり、投稿者とリスナー双方が前向きな気持ちで治療に臨めるようにするのが狙い。ホスピタルラジオは1926年、英国の病院で始まったとされる。

 番組では投稿の紹介のほか、医師の紹介や詩などの朗読コーナー、最新の医療情報、院内コンサートの様子などを放送予定。1回の放送時間は40~60分間。2週間ごとに内容を更新するという。入院患者からリクエストを募り、連携する県立芸術大学の学生らが演奏した曲を放送する予定。

 早速、スマホで放送を聞いた80代の入院患者の女性は「寝ながらでも繰り返し聞けるのはありがたい。音楽を聴くのが楽しみです」と話した。

 フジタイムは、パーソナリティ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら