[PR]

 元フジテレビ所属で、現在はフリーアナウンサーの笠井信輔さん(56)が、悪性リンパ腫と診断された。19日には、20年来出演していたフジの「とくダネ!」に生出演し、病状について自身の口から報告する予定という。どんな病気で、どのような治療法があるのか。専門家に聞いた。

 悪性リンパ腫は血液のがんで、白血球の一種であるリンパ球ががん化して、増殖する。全身にあるリンパ節にこぶができ、首やわきの下などのリンパ節の腫れが起こったり、消化管や肺などリンパ節以外の臓器に発生したりすることもある。

 厚生労働省の統計によると、全国で2016年にがんと診断された約99万5千人のうち、悪性リンパ腫は3万4240人。65歳以上が7割を占め、年代別では65~69歳が最も多く5164人。60代後半から70代の男性に多いという。

 リンパ球のうち、B細胞やT細胞など、どの細胞ががんになるかや、悪性度などによって70種類以上に細かく分類される。国立がん研究センター中央病院の伊豆津(いづつ)宏二・血液腫瘍(しゅよう)科長は「タイプによって選ぶ治療や治りやすさが全く違う」と話す。

 主な治療法は、抗がん剤や分子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら