拡大する写真・図版 約15年前のDOTAMAさん(本人提供)

[PR]

ラッパー・DOTAMAさん

 キリッとしたメガネをかけ、パリッとスーツを着こなす。一見ただのサラリーマンだが、マイクを握ると切れ味鋭い言葉を吐き出す。

 全国ツアーを展開し、国内最大級のMCバトル大会でも優勝したラッパーだ。

 教員一家に生まれた。曽祖父、祖父、両親は教員だった。周囲から「将来は教員か」と言われた。真面目に進学し、進学校の佐野高校では生徒会にも所属した。普通の高校生だった。

 青春時代、常に隣にあったのがヒップホップ。中学時代、ラップグループの楽曲に衝撃を受けた。かっこよさはもちろん、表現の自由さに感動した。CDショップやレコード屋に通い、幼なじみと見よう見まねで作曲も始めた。

 同級生が進学する中、地元のホームセンターに就職した。両親からは反対された。目標はぼんやりしていたが、音楽活動を続けたいという思いがあった。

 日中は園芸・ペット担当として働き、夜は足利市や群馬県桐生市のクラブでマイクを握った。夜通しライブをして明け方に帰宅。仮眠して出勤する。そんな生活を10年間続けた。疲れもあったが、音楽を聴けば元気を取り戻せた。

 「二足のわらじ」は27歳で辞めた。年を重ねて職場での責任は重くなった。音楽活動も軌道に乗り、悩んだ末に音楽を選んだ。都内に拠点を移した。

 がむしゃらにライブやラップの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも