[PR]

 あらかじめ人間が細かな情報を教えなくても、病理画像を元に自力でがんの特徴を見つけるAI(人工知能)を理化学研究所などのチームが開発した。医師より高い精度で前立腺がんの再発を予測したという。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに18日、論文が掲載された。

 がんなどの診断を支援する医療用のAIでは、医師が「がん」「血管」「炎症」などの印をつけた画像を学習させることが多い。この方法だと、AIは人間が教えた以上の分類ができないことが課題だった。

 理研の山本陽一朗・病理情報学チームリーダーらは、日本医大病院で前立腺がんの手術時に摘出した標本の高精細な病理画像を活用し、「教師なし学習」と呼ばれる方法を組み込んだ新たなAIを開発した。医師が印を書き込んでいない100人分の画像と予後の情報を元に、がんの再発につながる特徴を自力で見つけ出し、細かく分類することができた。これまで専門家が気づかなかった新たな特徴も見つけた。

 さらに、同病院にある20年分…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら