[PR]

 ジャーナリストの伊藤詩織氏(30)に対し、合意がないまま性行為をしたとして東京地裁から賠償を命じられた元TBS記者の山口敬之氏(53)は18日、東京都千代田区で会見を開き、判決について「一方的に伊藤氏の言っていることを事実と認定した。すぐ控訴します」と述べた。

 約100人が集まった会見場に、山口氏は自身の理解者という文芸評論家・小川栄太郎氏と出席。「伊藤氏だけがたびたびメディアに出たことが判決になにがしかの影響を与えたのではないかと思い、沈黙はよくないと考えた」と会見に応じた理由を説明し、「私は法に触れる行為は一切していない」と繰り返した。

 山口氏は安倍晋三首相への取材をもとに「総理」という本を書いている。伊藤氏に対する準強姦(ごうかん)容疑で捜査を受けたが不起訴処分になっており、「山口氏が首相官邸と近い人物であることから警察が捜査をストップした」という週刊誌報道もあった。会見でこの点について問われた山口氏は、官邸に知人はいるとしつつ、「この件では一切相談していません」と否定した。(阿部峻介)