[PR]

 プロ・アマ合同の日本野球規則委員会が18日、東京都内であり、走者が打球に当たった場合の規則などについて改定した。これまで前進守備の内野手を抜けた打球が走者に当たった場合についてはそのままプレー続行だったが、来季からは基本的に走者アウト(内野手がトンネルなどした場合を除く)となる。大リーグでは来季からワンポイント救援が禁止される予定だが、日本ではこの規定を来季は適用しない。再来年以降に適用するかどうかは、今後、話し合うという。