[PR]

 昨年6月の大阪北部地震で、大阪府高槻市の市立寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀が倒れ、登校中だった小学4年の女児(当時9)が下敷きになって死亡した事故で、府警は20日にも、塀の倒壊を防ぐために必要な点検や報告を怠ったとして、高槻市教育委員会の当時の担当者3人と、点検業者の担当者1人の計4人を業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 最大震度6弱の地震が起きた昨年6月18日午前8時ごろ、同小のプール脇に設置されていた長さ約40メートル、高さ約1・6メートルのブロック塀が歩道側に倒壊し、歩いて登校中だった女児に直撃した。女児はブロック塀の下敷きになって、まもなく死亡した。

 捜査関係者によると、市教委の職員3人は、事故の約2年半前に防災対策に関する専門家から、塀が倒壊する危険性について指摘があり、目視や打音による点検をしながらそれが不十分で、倒壊を防ぐための対策につなげられなかった過失により、女児を死亡させる結果を招いた疑いがある。点検業者の担当者は2017年1月に市の委託を受けて、目視によりブロック塀を点検したものの、市に対して点検内容や結果について、十分な報告をしなかった疑いがある。

 事故を検証した高槻市の調査委…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら