[PR]

【まとめて読む】患者を生きる・職場で「卵子凍結保存」

 和歌山市でクリニックでの事務職として働く女性(40)は、結婚してすぐ、右胸に乳がんが見つかりました。仕事はこのまま続けられるのか、抗がん剤治療を受けたら、将来、子どもを産むことはできるのか――。不安のなか、女性が選んだ結論は。

拡大する写真・図版乳がんを経験した女性=和歌山市

結婚直後に乳がん判明

 結婚し、新居に引っ越してすぐのことだった。入浴しようと服を脱いだとき、触った右胸にふと違和感を覚えた。2013年7月のことだ。

 女性は市内のクリニックで、事務職として働いていた。同僚の看護師に相談してみると、「きちんと診てもらった方がいい」と助言された。翌日、市内の乳腺外科を訪ねた。

 医師は、エコー検査などの結果から、その場で女性に「おそらく乳がんですね」と告げた。

 「このままここで治療をすることもできるし、他を当たってみてもいい。どうしますか」

 目の前が暗くなった。混乱した頭で、ひとまず考える時間を、と「紹介状を書いてください」と頼んだ。診察後、その日は泊まり勤務だった警察官の夫(42)に、電話で病名を告げた。

 「そうか」。乳がんの可能性はあるかもしれないが、違っていたらいい、と願っていた夫は「一番つらいのは妻。受け入れるしかない」と受け止めた。

 周囲にも相談した結果、女性は和歌山県立医科大学病院で診察を受けることにした。同大第一外科の尾浦正二(おうら・しょうじ)医師(60)の見立ても乳がんだった。

 検査を進めると、がんの大きさは1・5センチほどで、それほど大きくなかったが、わきの下のリンパ節に転移していた。手術の後に、抗がん剤治療、ホルモン剤治療も必要になりそうなことがわかってきた。

 尾浦さんから「抗がん剤を使うと、妊娠できなくなる可能性がある」と伝えられ、治療前に卵子を凍結保存しておく方法があることを知った。

 女性は「命は大切だが、できれば子どももほしい」と、夫とも相談して二つのクリニックに話を聞きに行き、受精卵を凍結保存することに決めた。

 検査、手術の準備、卵子保存の相談と、目が回るような日々が続いた。仕事は、これまで通り続けられるのか。病気のことを考えると、将来への不安が募るばかりだった。ある日、夫に思わず口走った。「離婚したほうがいいん違うかな」

■休職し乳がん治療…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら