島根)サンタペンギンが行進 フォーゲルパークで

浪間新太
[PR]

 クリスマスに合わせて、松江市大垣町の松江フォーゲルパークで、サンタの衣装を着たケープペンギンたちが園内を散歩している。25日まで。散歩は1回15~20分間ほどで、午前10時半、午後2時の計2回。

 サンタの衣装は2006年から毎年12月に着用。飼育員がそれぞれのペンギンの体形に合わせて赤いフェルト生地で手づくりしているオーダーメイド。緑色のリボンや小さなベルなど、クリスマスらしい華やかな飾りをあしらっている。

 19日の散歩は1~16歳の6羽が参加。1歳の「よしの」(メス)だけは衣装を着てもすぐに脱いでしまうといい、代わりに赤いちょうネクタイをつけて散歩。6羽は展示水槽~広場の往復約100メートルを時折寄り道しながら飼育員とともに歩いた。訪問客からは「かわいい!」と歓声が上がった。

 飼育員の細田美咲さん(21)は「落ち着いた最年長の『さくら』(メス)がほかのペンギンを先導してくれて助かります。それぞれ性格も異なるペンギンたちをぜひ見に来て」。(浪間新太)