[PR]

 かんぽ生命の不正販売問題で、保険内容を偽るなどして契約を取りつける悪質な営業手法「2年話法」が横行していた。問題判明後も、かんぽが積極的に調べる姿勢はまだ見られない。

 不正問題の特別調査委員会(委員長・伊藤鉄男弁護士)が18日公表した報告書で実態がわかった。郵便局員が高齢客に「2年で満期」「(保険料を)2年かけたら終わり」などと勧誘する手口だ。実際は保険料の払込期間が長い商品で、局員は営業実績を稼ぎやすい。

 本来の保険料総額は顧客の認識より多くなる。負担を軽くするため、2年が過ぎたら、保険料を減らす「減額」や、支払いをやめて今までの払い込み分に見合った保険金額の契約に改める「払済契約(料済)」の手続きをすることが多い。

 なぜ2年か。

 報告書によると、2年経てば料…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら