[PR]

 出水市の宮田幸一市議が市職員への暴言など不当行為を繰り返したとされる問題で、出水市議会は20日、宮田市議に対する議員辞職勧告決議案を全会一致で可決した。決議に法的拘束力はない。

 決議は、宮田市議が威圧的な態度で職員を長時間拘束したり学歴を持ち出して人格までも否定したりする言動が確認されたと認定。議員として品位を害し、市民からの信頼を著しく失墜させたと指摘している。

 宮田市議をめぐっては昨年12月、椎木伸一市長が市職員倫理委員会の審査で不当行為5件が認定されたと発表。宮田市議には職員の執務エリアに立ち入らないことなどを求める警告書を送った。

 市民からの調査請求を受けて市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら