[PR]

 全長約160キロ、累積標高差約7600メートル、制限時間46時間、参加者約2400人……。

 富士山の周辺を一昼夜以上かけて国内外のトレイルランナーたちが走り続ける「ウルトラトレイル・マウントフジ」は、すべてが規格外だ。昨年は、富士山南側の静岡県富士市をスタート、東側の山梨県山中湖村で折り返し、北側の同県富士河口湖町にゴールが設定された。

 トップランナーでもゴールまで約20時間かかるレース。運営には地元の協力が欠かせない。実行委員会には静岡県富士市、山梨県富士河口湖町、同県富士吉田市といった富士山周辺の4市2町3村が名を連ねる。

 ランナーに食事を提供する「エ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら