[PR]

 自転車ごと用水路に落ち、動けなくなっていた60代の女性を救助したとして、岡山県早島町の男子高校生2人に18日、県の善行賞が贈られた。幼なじみの2人は、救助と通報とを瞬時に分担。的確な判断と、息の合った連係プレーで、命の危機を救った。

 表彰されたのは、倉敷工業高校2年の四木(しぎ)大貴君(17)と藤澤匠人(なると)君(16)。小学校からの仲良しで、高校では2人ともテニス部。行きも帰りも自転車を並べる仲だ。

 10月10日午後6時すぎ。住宅と田畑が混在する倉敷市五日市の細い道を、部活帰りの2人はいつものように通りかかった。幅は1・6メートルほど。脇を深さ1・4メートル、幅5・5メートルの用水路が通る。外灯が照らす用水路から、2人は異変を感じた。

 「人じゃないか?」。同じ言葉が口をつき、2人は用水路をのぞいた。「ウー」といううめき声。うつぶせの年配女性が自転車とともに倒れているのが目に入った。

 「やばい。助けないと」。四木君が思った瞬間に、藤澤君は自転車を止めて用水路に飛び降りていた。水深は30センチ。この用水路にスマートフォンを落としたことがあり、その際に拾いに入ったことがあったという。「深さの見当がついたので、体が動いた」と藤澤君。

 「起きられますか?」。藤澤君が聞くと、女性は「うんうん」とうなずいた。右こめかみが大きく腫れ、体のあちこちが痛いと、か細い声で言う。女性を起こし、水路の壁にもたれかかってもらった。

 藤澤君の動きを見ながら、四木君は消防と警察へ通報。両方とも初めての経験だった。「近くに家は?」「住所は?」。電話をつないだまま、民家のドアをたたき、住民男性から住所を聞きだして伝えた。通りがかりの人も呼び止めて援軍を頼んだ。

 2人は救急隊員が駆けつけるまでの10分間、「大丈夫、すぐ救急車が来ます」と女性を励まし続けた。2人は到着した救急隊員と、女性を乗せた担架を水路から持ち上げ運んだ。

 倉敷署などによると、女性はかごに買い物袋を入れた自転車を押しながら家路についていた。途中で自転車に乗ろうとしてよろけ、用水路に落ちた。肋骨(ろっこつ)が折れるなどして数日入院したが、命に別条はなかった。

 「とにかく無事でよかった」と言う2人。女性の家族からは後日、お礼の品が寄せられたという。

 「藤澤が水路に飛び込む速さと勇気に驚いた」と四木君がたたえると、藤澤君も「119番にかけようとしたが指が動かなかった。四木は冷静だった」。とっさに体が動いたのは「2人でいたからこそ」と口をそろえた。

     ◇

 県警によると1月から今月18日までに、県内の用水路に転落して死亡した事故は4件。うち3件が自転車、1件が原付きバイクだった。(小沢邦男)